除毛クリームはトラブルのもと?危険性と正しい使い方

2019-06-30 14:27:00

 ムダ毛の処理は女性にとっては身だしなみのひとつで、様々な方法でムダ毛処理を行っています。 

中でも手軽に使えて処理後の肌触りもいい、ということから「除毛クリーム」を使用されている方も多いはず。 しかし、実はこの除毛クリーム、肌トラブルの原因になってしまうこともあることをご存知ですか? 今回は、除毛クリームの危険性と正しい使い方について紹介します。


除毛クリームは毛を溶かす脱毛法

脱毛クリームはムダ毛が気になるところにクリームを塗り、しばらく時間を置いた後に流すだけで処理ができることから、年齢に関係なく使われているアイテムです。

除毛クリームには、チオグリコール酸やチオグリコール酸アンモニウムといった薬品が含まれています。

この薬品が毛を溶かすことで、肌の表面に出ているムダ毛をなくします。

しかし、これらの成分はアルカリ性で、肌には大きな刺激となっています。

毛も肌もタンパク質が主な成分であり、タンパク質である毛を溶かすということは、皮膚を溶かす可能性もあるのです。

かゆみや炎症、色素沈着の原因となってしまうことも……。

脱毛クリームを使用した後気分が悪くなる、数日間かゆみが消えないと言う人は、もしかしたら脱毛クリームが影響しているかもしれません。


正しく使ってしっかりケアを!

除毛クリームを使う際は、正しい使い方をすることでダメージを最小限に抑えます。

肌に塗布したら、放置時間をしっかり守りましょう。

ムダ毛の状態によっては短い時間でも十分な場合もあるので、5分くらいでいったん様子を見るのがおすすめです。

ぬるま湯でしっかり洗い流したら、入浴後にはスキンケアもきちんと行いましょう。

除毛クリームを使った後の肌はデリケートなので、肌にやさしい低刺激のスキンケア化粧品を使うのがおすすめです。

また、使用可能部位はきちんと守ることも忘れずに。

顔やデリケートゾーンには使えないものがほとんどですので、使用書を確認しましょう。


それでもやっぱり生えてくる!ツル肌を目指すなら脱毛サロンに

除毛クリームを使えば、カミソリなどに比べると肌触りはよく簡単に使えるので便利です。

しかし完全にムダ毛を取り除くわけではないので時間が経てばまたムダ毛は生えてきてしまいます。

長く使い続けることで肌へのダメージもつのり、肌トラブルの原因になってしまうことも。

こういったトラブルを避け、安全にムダ毛処理を行うなら、脱毛サロンに相談してみるのも一つの手です。

脱毛効果が高いことはもちろん、肌トラブルも少なくツル肌を手に入れることができるので、きめ細かく綺麗な肌を手に入れることができます。


肌質には個人差があるので、脱毛クリームだけでなくすべてのムダ毛処理器具を使うときは「自分の肌に合っているか」を見ることが重要です。

まずはお肌と相談して、今のケア方法が自分に合っているか、チェックしてみてくださいね!